優しさで 夢を、まごころを『包む』            


株式会社 藤井包材

社屋写真

ご挨拶

今こそ「食・住の安全」が求められていると思います。
時代の流れとともに変化を続けてきた㈱藤井包材も、「お客さまのニーズに応えるべく、クリーンな環境での包装資材の製造を!」ということで、新しい設備・工場を建設しました。
 その一方で、「需要がある限り供給責任を果たす!」ということにおいても、干し柿用の縄作りや、セロパッキン・紙パッキンといった、従来の包装資材も丁寧に作り続けていきます。
 「小さな需要に誠意をもって応える」をモットーにこれからも衛生管理と品質管理の水準を上げ、お客様の喜ぶ顔を想像しながらの製品作りに努めて参ります。
 今後とも、㈱藤井包材にご理解、ご鞭撻を頂き、更なるご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

株式会社 藤井包材 代表取締役 藤井 啓一

会社概要

社名 株式会社 藤井包材
経営理念

1.誠実であれ 小さな需要に誠意を持って応える
2.高い志(夢・ロマン)を持ってお客様の喜ぶ顔を想像しながら
   良い製品を作る
3.愛し愛される企業づくりを目指す

本社

〒869-4615 熊本県八代市川田町東263
電話 : (0965)53-6292 FAX : (0965)39-0337

ホームページ http://www.fujii-houzai.co.jp
資本金 1,000万円
役員 代表取締役 藤井 啓一
社員数 24名(パート含む)平成26年4月現在
取引銀行 日本政策金融公庫・肥後銀行・商工中金
決算期 6月


社内風景


より大きな地図で 株式会社藤井包材 を表示

沿革

1928年(昭和3年) 初代藤井末吉、縄工場を設立。わら縄、い縄の製造・販売開始。
1951(昭和26年) 先代社長藤井三行が家業相続。
1962(昭和37年) (株)興人八代工場においてセロファンの製造開始。
原料仕入れを東京セロファン(株)より(株)興人に変更。
1975(昭和50年) 塩屋工場へ第1号小型スリッター導入、セロファンの再スリット加工開始。
1980(昭和55年) 第2スリッター増設。(株)興人のフィルム再スリッター業務に本格的に取り組む。
1984(昭和59年) 5月1日有限会社藤井包材設立。
1985(昭和60年) 八代市高島町(1693㎡)に高島工場(延377㎡)を建設。加工部門の拡大を計る。
1988(昭和63年) 高島工場増設(延1368㎡)。
12月1日有限会社より株式会社へ移行。
1993(平成5年) 高島工場内にクリーンルーム新設、スリッター機の集中を計る。
同工場内にセンタープレスシール製袋機(合掌袋)設備。
1994(平成6年) 三方シール製袋機増設。
2000(平成12年) チャック・スタンド製袋機増設。片岡式スリッター(1250巾)増設。
2001(平成13年) シート加工ルーム新設。断裁機(1150巾)増設。
2002(平成14年) チャック・三方シール製袋機増設。
2005(平成17年) 軟包装衛生協議会「準認定工場」取得。
2012(平成24年) 川田町東に新社屋、並びに第1工場、第2工場(延2563㎡)を建設
チャックスタンド製袋機増設。





IMG_2082.jpg